のぎへっぺん の おと

楽器を演奏したり、ゲームを作ったり、原付を運転したり、卓球をしたり、日常を楽しんだりしている様子を記事にします。


  < イェーイ


(↑なんか... その... クリックしてくれると... 嬉しいです...↑)

専用道具を使わずシャーペン(クルトガ)だけを使って板バネ式腕時計のサイズを調節する事は可能なの?

 

 

問題

専用道具を使わずシャーペン(クルトガ)だけを使って板バネ式腕時計の長さを調節する事は可能なのか?

 

可能 or 不可能

 

どーっちだ。

 

 

 

 

どうも、おはようございます。のぎへっぺんです。

 

突然ですが、皆さんは腕時計のサイズを変える時ってどうしていますか?

専用の器具を使って自分で変えていますか?専門店で変えてもらっていますか?それとも器具が必要無いタイプですか?

 

俺氏の時計は板バネ式なので本来は専用の器具が必要です。

 

しかし、専用の器具を買うのも店に行くのもお金がかかります。

なので今回は、バイト先でパートさんに貰ったシャーペン(クルトガ)でサイズを調節してみようと思います。

ちなみに「私は筆圧が強いからシャーペンの芯がすぐに折れちゃうのよね」という理由で貰いました。

 

 

用意する物

f:id:nogiheppen:20170808224249j:plain

これだけです。

 

 

まず何をするのか。それは...

 

f:id:nogiheppen:20170808224458j:plain

 

ここを矢印の向きに

 

f:id:nogiheppen:20170808224556j:plain

 

シャーペンでこうして

 

f:id:nogiheppen:20170808224654j:plain

 

こうやって

 

f:id:nogiheppen:20170808224811j:plain

 

(省略)入れてこう!

 

f:id:nogiheppen:20170808224841j:plain

 

押し込んでこう!

 

f:id:nogiheppen:20170808224859j:plain

 

やったー!

 

 

 

 

A. 可能

 

 

 

 

 

俺氏が実際に体験した本当の「本当にあった怖い話」は地味

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

 

おはようございます。のぎへっぺんです。

 

突然ですが、皆さんは「怖い話」って好きですか?

幽霊怖い系、人間怖い系、自然の力怖い系、ジャンルは色々ありますが、俺氏は基本的にほぼ全て好きです。なかでも文字で読む・ラジオで聞く幽霊怖い系が好きです。

 

真冬でも怖い話を聞いている(読んでいる)ような俺氏ですが、全く霊感はありません。なので「幽霊が見えた」というような経験は一回もありません。

しかし、霊感は無くても「説明のつかない出来事」に遭遇した事が1回だけあるんです。

 

ここで皆さんに考えてもらいたいのですが、より怖いのはどちらだと思いますか?

 

A.本当にあった怖い話(番組名ではない)

B.怖がらせる為に作った話

 

おそらくBの方が怖いのではないかと思います。

さて、今から俺氏がする話はAです。BではなくAです。ごめんね。

 

 

 

f:id:nogiheppen:20170807162054p:plain

 

 

これは2017年春に俺氏が体験した出来事です。

 

 

 

その日はパソコンで作曲をしていました。しかし、なかなか満足できる作品が作れず苦戦してしまい、一区切りついたのは夜の0時頃でした。

次の日は朝から予定があったので「さすがに風呂に入らないと」と思い、俺氏は急いで風呂に入りました。ちなみにこの時、家族は自分以外全員寝ていました。

 

我が家の風呂の戸は半透明(すりガラス)なので脱衣所から風呂場が、風呂場から脱衣所が見えるのです。

季節はまだ春、その上時間帯は深夜という事もあり、体を温める為にいつも通り浴槽に浸かっていました。その時それは起こりました。

 

突然風呂の戸をドンと叩かれたのです。俺氏は「誰か起きてきたのかな?」と思い戸を見てみると、脱衣所には誰もいませんでした。

この時点で俺氏は恐怖心よりも好奇心が勝ってしまい、そのまま戸を開けました。しかし、やっぱり脱衣所には誰もいません。

 

ドンという音はどう考えても風呂の戸を叩いた音でした。あれはいったい何だったのでしょうか。

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

おわっちゃいました。後日談なんてありません。本当にこれで終わりです。

 

いやー、やっぱり地味ですね。あとは怖い話を書き慣れていませんね。

 

 

 

 

 

 

この記事の終わり方も地味なのである。

 

 




よく見つけたね...
いいね...
うん... ね...