のぎへっぺん の おと

音楽・ゲームを作ります。でも俺氏の日常についての記事が一番多いです。ごめんね。


  注目→

(↑なんか... その... クリックしてくれると... 嬉しいです...↑)

初心者だけど一体どんなフリーアクションゲームを作ったらウケるか考えてみた(難易度編)

 

 

(本編はちょっと先です。そこまで飛ばしちゃっても良いですお。)

 

 

あ、どうも。底辺ツクラーです。のぎへっぺんです。

今までに3作品を公開して実況動画があがったのは1作品だけです。微妙ですね。

自己紹介おわり。

 

 

 

皆さんは、フリーアクションゲームは好きですか?

俺氏は、洞窟物語ニュー・スーパーフックガールアクションモグラなどの凝ったフリーアクションゲームがお気に入りでよくプレイします。

 

その他にも沢山思い浮かびますが、ここで1つ、気付いた事があります。

 

「ツクール製のフリーアクションゲーム、ほぼ思い浮かばねぇ。」

 

もしかしたら「実況者の幕末志士が作った奴シリーズはどうなのよ」という人がいるかもしれませんが、あのゲームはWOLF RPGエディターで作られた作品です。意外とWOLF RPGエディターで作られた作品は思い浮かぶんですよね。

 

一応言っておきますが、ツクール製のゲームが思い浮かばない訳ではありません。

以前、RPGツクール大乱闘スマッシュブラザーズを再現したとんでもないゲームがありましたね(しかも高クオリティ)。そんな感じでいくつかの作品は思い浮かんでいます。

ただ、まあ、比にしてみると... 弱いんですよね...

俺氏だけかもしれませんけどね。

 

 

 

って事で.............

 

 

f:id:nogiheppen:20170426193637p:plain

 

RPGツクールMVでフリーアクションゲームを作って当てたい。

はい、始まりました。本編です。ほんぺ。

 

まず、個人的には難易度の高いゲームの方が好きなんですよね。あ、でも難しすぎるのは少し苦手です。

ただそれは個人的な話であってどうすれば程よい難易度になるのか、そこから考えようと思います。

 

 

 

どうすれば程よい難易度になるのか

簡単すぎるアクションゲームってなんというか、ちょっとつまらないというか、なんだか物足りないんですよね。だからと言って行き過ぎた死にゲーを作ろうものなら最後までプレイしてもらえないかもしれません。

そしてもう1つ、プレイヤーによって得意分野が違うんですよね。また、苦手な分野があるんですよね。それの良い例が東方ですね。多分。

 

例1. 下からくる弾幕

鬼人正邪などが使う下から上に登ってくる弾幕、これちょっと苦手なんですよね。

 

例2.画面をグルグル回らなければならない弾幕

水橋パルスィなどが使うなんかすごい弾幕、これちょっと得意なんですよね。って言っても説明がクソすぎて何も伝わっていないと思います。なのでこの弾幕を絵にしてみました。

 

f:id:nogiheppen:20170426205900p:plain

 

何も伝わらない絵が出来上がってしまいました。気になる人は東方地霊殿を買うと良いと思います。東方シリーズって一番楽しいです。

ちなみに、鬼人正邪の下からくる弾幕東方輝針城を買えばよくわかると思います。

 

 

若干話が脱線しましたが気を取り直して、やっぱりプレイヤーには得意・苦手な分野があり、さらにそれはプレイヤーによって変わる訳です。速い連打が苦手、タイミングを見極めるのが苦手、敵の配置を覚えるのが得意など、それはそれはもう沢山あるので俺氏は困っちゃいました。

 

そこで、もう基本的な要素をいくつも詰め込んだゲームを作る事にしました。

こうすれば、初心者でも程よい難易度でプレイできますし(基本的操作なので)、様々な操作があるのである程度アクションに慣れている人も極端に簡単とは感じないはずです。

 

まあ、連打が苦手な人が連射機能付きゲームパッドを買って弱点を克服、なんて事もあるのでもしかしたら全部余裕でクリアする人も出てくるかもしれませんが。そうしたらもうRTA動画をニコニコ動画YouTubeにアップすれば良いと思います。

 

 

 

 

 

って事で今現在、様々な困難が待ち受ける一本道をただただ進むシンプルなゲームを作ってます。

 

さて、次回はシンプルなストーリーの方が良いのか、複雑なストーリーの方が良いのか、ストーリーなんて無くても良いのか、その辺りを今回と同じようにダラダラと書いていこうと思います。

 

でも多分、次回なんて永遠に来ないんですよね。

 

 

おわり。

 

んじゃこりゃ。

 

 




よく来たね...
いいね
うん。