のぎへっぺん の おと

楽器を演奏したり、ゲームを作ったり、原付を運転したり、卓球をしたり、日常を楽しんだりしている様子を記事にします。


  < イェーイ


(↑なんか... その... クリックしてくれると... 嬉しいです...↑)

筋力が無さすぎてオーバースローとサイドスローの球速がほぼ同じだった

 

 

どうも、元卓球部です。のぎへっぺんです。

 

突然ですが、今更キャッチボールにハマりました

f:id:nogiheppen:20170923211952j:plain

 

 

楽しいですよね、キャッチボール。相手がいない時は上にボールを投げて1人でこのフライを取れば試合終了という妄想をしています。

ちなみに、いつもキャッチボールの相手をしてくれるのは元野球部キャプテンの男です。ハミ秩父リリアントヴァギナのリーダーです。

 

 

↓ハミ秩父リリアントヴァギナとは↓

nogioto.hateblo.jp

 

 

やっぱり野球経験者とキャッチボールをしていると「次はバックホームの練習をしようぜ」「ちょっとフライの練習でもしてみよう」など、様々な球を投げさせてくれます(捕らせてくれます)。

その中でも特に楽しいのが「じゃあ俺キャッチャーやるからピッチャーやってみてよ」です。実はハミ秩父リリアントヴァギナのリーダーは、元キャッチャーなんです。すごーい。

しかし、俺氏は野球未経験なのでコントロールは終わってます。もうダメダメです。しかもキャッチャーまでボールが届かない事も多いです。

 

 

このツイートを見て分かる通り、俺氏はクソザコです。

そんな俺氏の球を捕っていた元キャッチャーの彼に、冗談でこんな事を言ってみました。

「ちょっとサイドスロー投げてみるわ」

・・・投げられません。サイドスローなんて投げられません。だって正しい投げ方知らないし。

それでも俺氏はもうノリと勢いで自分なりのサイドスローをブチかましてやりました。すると、ちゃんとストライクゾーンに入りました。それに、球速もさっきまでの球速とほぼ変わりませんでした。

元キャッチャーの彼曰く「サイドスローはバネを使えるからね~」だそうです。だからか~。

その日は大興奮で『サイドスロー 正しい投げ方』と検索してフォームを調べました。鏡を見て練習もしてみました。

それから1週間後。また元キャッチャーの彼相手にキャッチボールをする日がやってきました。さぁ、練習の成果を出す時です。頑張るぞ!

 

 

1球目 ボール

2球目 ボール

3球目 ボール

4球目 ボール

 

 

・・・あれ?ん?

全然ストライクゾーンに入らなくなっちゃいました。おかしいなぁ。こんなはずじゃ無かったんだけどなぁ。

すると元キャッチャーの彼からこんなアドバイスが。

投げる前に左足を引いて手を頭の後ろまで上げてみたら?

さっそくやってみます。

 

f:id:nogiheppen:20170923212043p:plain

 

するとどうでしょう。

 

 

1球目 ボール

2球目 ボール

3球目 ボール

4球目 ストライク

5球目 ストライク

6球目 際どい所だけど多分ギリギリボール

 

 

やったぁ。少しだけ入るようになりました。ちなみに、相変わらずオーバーの方はキャッチャーまでボールが届きません。ダメだこりゃ。

 

 

 

 

 

 

あ、これから野球を始める予定などはありません。

 

おわり。

 

 




よく見つけたね...
いいね...
うん... ね...