のぎへっぺん の おと

楽器を演奏したり、ゲームを作ったり、原付を運転したり、卓球をしたり、日常を楽しんだりしている様子を記事にします。


  < イェーイ

       ↑
 クリックすると寿命が延びます

殴られて轢かれかけて火のついたタバコを投げつけられて殺されるかと思った話

 

 

ブチギレですわ。

 

ええ。ブチギレですわ。

 

俺はブチギレてるぞーー!!

 

 

あ、どうも。 のぎへっぺんです。 こんばんは。やっほー。

皆さん、最近どうです? 何か楽しい事はありましたか? 何か嬉しい事はありましたか?

俺はですね... 高齢男性に拳で2発殴られて車に轢かれかけて火のついたタバコを投げられました。タイトル通りです。

 

いや、理由も無く突然殴られた訳では無いんですけどね。 今からちゃんと説明しますね。(ここからは俺の言い分が強い文章になると思うので、最後に状況を簡単にまとめた公平な文章も書きます。)

 

 

 

まず、俺は今年の2月から毎月1回とある店にギターを持って行って弾き語りをさせてもらっています。その店は、毎月決まった日に営業を止めて(?)貸し切り状態にしてライブを開いているのです。

 

2月、3月とライブに出て、4月のライブに向けてギターの練習をしているとライブでいつも会う人から電話がかかってきました。その電話はライブの話とは関係の無い話でしたが、どこかのタイミングでこんな内容の話を聞きました。

 

「今まで伝えてなかったけど実は皆毎月お金を払ってるから次からお願いね~」

 

これを聞いて俺はビックリ。今まで1度も請求をされていなかったのでこの時に初めて知りました。俺は4月のライブでちゃんと主催者側に料金を支払おうと決めました。しかし、結局4月のライブは予定が入って行けなくなってしまい、料金の支払いについて伝えるのは今月になりました。

 

そして5月のライブ、ここで事件は起こります。

俺が店で「皆がお金を払っている事を今まで知らなかったので今日、ちゃんと支払います。」という内容の話を伝えると1人の高齢男性にメッッッチャ怒られました。

 

ここまでなら俺が100%悪いのですが、俺はその高齢男性に店の外まで連れて行かれて顔面(左目の眉の上あたり)を拳で殴られました。この時、店の外には俺とこの高齢男性しかいません。

俺は必死に暴行を止めようと説得しましたが、その高齢男性は冷静さを取り戻す事なく俺にフック(横から腕をタイプのパンチ)をしました。

 

この時、不運な事に俺は少しグラグラしたブロックの上に立っていた為バランスを崩して車道に倒れてしまいました。そこにさらに不運が重なり、俺が倒れた車道には車が走っていました。

この時は流石に「ヤバい! 死ぬ!」と重い大慌てで車道から飛び跳ねて出ました。その車はしっかりと徐行をしていたので轢かれる事は無かったのですが、高齢男性はまだ冷静にはなっておらず、俺に火のついたタバコを投げつけてきました。

 

そのタバコをまたまた大慌てで避けて、俺は地面にポイ捨てされたタバコの火を消しました。この時、高齢男性はずっと俺に「荷物をまとめて帰れ」と何度も何度も言っていたのですが、ずっと店の入り口の前に立ってどいてくれなかったので荷物をまとめて帰りたくても帰れません。

 

さすがにらちが明かなかったので「荷物が店の中にあるから中に入れて欲しい」という内容の話をすると高齢男性はさらに怒り出し「お前はバカにしているからこんな事が出来るんだ」と言い始めました。しかし、さすがに専門学生の俺と高齢男性とでは身体能力に大きな差があり、俺は何とか店の中に入る事が出来ました。

 

店の中でも俺は「二度と来るな馬鹿野郎」などと言われて服を引っ張られたりしました。それでも何とか荷物をまとめて帰る準備が出来ましたが、まだ高齢男性の怒りは収まっていません。

 

俺が帰ろうとしているのに、高齢男性は店の入り口付近で足を組んで座り、まだ出入口をふさいでいるのです。これはわざとなのか、まだ何かされるのか、そう思いながらその高齢男性の前立っていると、高齢男性がした事を知らない男性(俺と高齢男性以外は何が起きたのか知らない)俺にが「あれ? もう帰っちゃうの?」と質問をしました。これに横から割って答えようとした高齢男性の態勢が変わった隙に俺はなんとか出入口に辿り着きました。

 

質問をしてくれた男性に全てを説明すると楽しい雰囲気が台無しになってしまうので俺は最低限の説明だけをして店を出ました。きっとあの高齢男性が自分の暴行を除いてしっかりと説明してくれたと思いますが。

 

 

 

 

・・・と、大体こんな感じです。

 

 

 

俺の感情を0にして改めてまとめると

  • ライブに出るには料金が必要。
  • 電話で料金の事を知る。
  • 料金はちゃんと払うと説明。
  • 暴行を受ける。

この4つです。シンプル~。

 

 

 

 

俺は武道で受け身を習っていた事もあり無傷でしたが、そのせいで証拠がマジで0になってしまいました。(暴行の場面を誰も見ていない為)

 

こういう時って... どうするのが正解なの...?

 

 

あ、ちなみに俺からは殴り返したりはしていませんし、暴言も吐いていません。

んも~! こういう時はどうすれば良いのよ~!

 

という相談をTwitterでしたところ、

 

 

 

 

こんな感じになりました。う~ん、正直あの高齢男性に対してはマジでブチギレ状態ですが、やっぱりあのライブは好きなのでなんとか事を小さくまとめたいのですが... やっぱりシンプルに暴行罪が成立しそうな状況だったので... 全っ然証拠が無いけれど...

 

もしかしたらこの記事は、進展があった場合にまた更新するかもしれません。

 

 

 

おっと、ここまでずっと暗い雰囲気の話ばかりしてしまいましたね。

では、最後に雰囲気を明るくしてお別れしましょう。

 

 

みんな~! さよならチンチプ~! うんちガン見サービス! うんちガン見サービス! あ~! 巻き込まれるぅ~~~!! そいっ! そいやっさ! レリゴ~! レリゴ~! 少しも寒くないワニ! ばいび~! ばいび~! By By B! By By B! じゃあな! ふしぎの海のジャアナ!  Foooooooooooo!!!!!!!!

 

 

さよなら。

 

 




よく見つけたね...
いいね...
うん... ね...